審査に通りやすい勤続年数はどのくらい?

一昔前は、銀行でお金を借りる時には、正社員で勤続年数3年以上というのが常識でしたが、それはもう昔の常識となっています。現在では、勤続年数に対してかなり柔軟な対応をする金融機関も増えています。住宅ローンのような高額ローンでないのなら、1年以上もあれば審査で不利になるようなことはないと思われます。
お金借りる

お金を借りる時の審査の基準は、金融機関によってかなり異なっていますので、一概に何年くらいが理想なのかということは言えませんが、長ければ長いほど有利であることは間違いないでしょう。消費者金融などでは、アルバイトやパートで働きだしてから1ヶ月という条件でも審査に通ることもありますが、その際は限度額は低めになり、期間が経過してから限度額が増額されるという方法がとられます。

カードローンの比較

また、最近ではキャリアアップのための転職があたりまえとなっていますので、審査が厳しいといわれている銀行でも勤続年数に対しては柔軟な対応をとってくれることもあります。転職して収入が増えたような場合や、職業に連続性がある場合などには、前職で働いていた期間も考慮してもらえます。

カードローンの比較から賢いお金の借り方を紹介します。