年収がどれくらいあれば借入は可能か

お金 借りる 大学生

お金を借りるとき、年収は高い方が良いですが、低くても借りられないということはありません。

消費者金融やクレジットカードなどの貸金業者からお金を借りる場合、総量規制の対象になります。

これにより、借りたいと思う金額の3倍以上の年収がなければなりません。銀行や信用金庫などは総量規制の対象になりません。

また、審査に通るには金額だけでなく、継続して収入を得られるかも重要になります。

そのため、公務員や正社員などの安定した職業であれば有利になり、契約社員や派遣社員などでは不利になります。しかし、勤務実績が十分にあれば審査には通ります。

大学生の場合、収入としてはアルバイトになることが多いですが、半年以上継続して勤務していればお金を借りることができます。ただし、大学生の場合は年収や安定性だけでなく、年齢にも注意が必要です。

学生専用ローンを除き、キャッシングやカードローンの多くは利用条件が20歳以上になっているので、アルバイトをしていても未成年では利用できません。

定年後の収入によって契約できるカードローンがあります

カードローン お金借りる 定年

消費者金融に申し込んでカードローンを発行してもらう人がたくさんいます。

今では借りる人はサラリーマンや自営業者など定職に就いている人に限らず、専業主婦や学生等も気軽にカードローンを発行してもらっています。

そして定年退職をした人も、一定の収入があればお金を借りることができます。

消費者金融にとっては、返済をすることが出来る人かどうかで融資をするか判断します。

お金を返すことが出来ない人に貸したら、消費者金融にとっては大きな損害となってしまうからです。

ですから定年退職をした人であっても、年金などの一定の収入があればカードローンを発行してくれる消費者金融はたくさんあるのです。

定年退職をした人も、どうしてもお金が必要になってしまう場合があります。

そのような場合にカードローンがあればとても便利です。

消費者金融としても、きちんと利息を付けて返済をしてくれるのであれば何も問題はありません。

ですから京客として、お金を借りることができるのです。